前へ
次へ

高齢化社会で必要になる歯科医療

さまざまな分野の医療があるものの、高齢化社会で必要になってくるのが歯科医療だと言われます。
というのは、歯が健康でないことはいろいろな病気のきっかけになることが多いからです。
例えば食事が楽しくなくなって食欲が減退したり、無理に食べても消化に負担がかかったりします。
また、歯がしっかりしていないことでむせやすくなったり、誤嚥が起こりやすくなります。
食事は肉体を維持するためだけでなく、生きる歓びにも直結しているために心の不健康にもつながりかねません。
まずは若いうちから歯の検診を受け、80歳になっても自分の歯を残せるように気を配ることが大切です。
年齢を重ねるごとに歯磨き剤や歯ブラシを変えることも重要でしょう。
もし歯が悪くなってきたら、早めに歯科医の治療を受け、入れ歯などの正しい処置を行うことで進行を食い止められます。
入れ歯がいやだと言って外したままものを食べたりすると誤嚥にもつながるので、家族がきちんと管理することも必要でしょう。

自分の子供が難聴ではとお考えのご家族様は当院へご相談ください

言語訓練 大阪
幼児難聴外来を経験した知識・経験を活かし、お子様のことばの発達や言語コミュニケーションを支えていきます

天神の親身治療歯科医院
CDCは患者様に寄り添った歯科治療をご提供いたします

症例数大阪NO1
インビザラインならマウスピース矯正センターへ

対処療法から根本治療へ
大阪で顎関節症治療なら橋本歯科

Page Top