前へ
次へ

高齢化社会で必要になる歯科医療

さまざまな分野の医療があるものの、高齢化社会で必要になってくるのが歯科医療だと言われます。
というのは、歯が健康でないことはいろいろな病気のきっかけになることが多いからです。
例えば食事が楽しくなくなって食欲が減退したり、無理に食べても消化に負担がかかったりします。
また、歯がしっかりしていないことでむせやすくなったり、誤嚥が起こりやすくなります。
食事は肉体を維持するためだけでなく、生きる歓びにも直結しているために心の不健康にもつながりかねません。
まずは若いうちから歯の検診を受け、80歳になっても自分の歯を残せるように気を配ることが大切です。
年齢を重ねるごとに歯磨き剤や歯ブラシを変えることも重要でしょう。
もし歯が悪くなってきたら、早めに歯科医の治療を受け、入れ歯などの正しい処置を行うことで進行を食い止められます。
入れ歯がいやだと言って外したままものを食べたりすると誤嚥にもつながるので、家族がきちんと管理することも必要でしょう。

Page Top